☆看板を背負って立つその4☆

前回から話は続きます。

身体を前傾姿勢から垂直方向へ戻すように反らすと、仙骨部に痛みが出る症例について股関節が解決の「鍵」となるケースがあるという話でした。

 

s22372.046-1

 

上は骨盤の模式図です。

中央下段の恥骨に向けて両側にV字状にあるのが鼠径靭帯。

背骨の一番下の両脇に蝶が羽を広げたように見える場所が仙腸関節付近となります。

私が主要に使っているカイロプラクティックのテクニックのひとつにSOT(Sacro Occipital Technic:仙骨後頭骨テクニック)があります。

その中の検査法に「アームフォッサテスト」というものがあります。
仰向けに寝ている患者さんの左右上下に4分割した鼠径部に軽く触れ、筋力テストの弱化で仙腸関節のどこに問題があるかを調べる方法です。

以前、ハワイ州立大学医学部で解剖実習をした時、マーク・ピックDCが「アームフォッサテスト」について以下のように説明をしていました。
例えば右の仙腸関節上部の関節面と右鼠径部の感覚神経は同位レベルで求心性に大脳へ情報が伝えられる。
右仙腸関節下部も、左仙腸関節の上部・下部も同様。
今仮に右仙腸関節上部に障害があり、右鼠径部に軽く触れると右鼠径部の感覚神経は求心性に大脳へ情報を伝えられる途中、混乱(確かconfusionと言っていたと思う)が生じる。
それにより腕の筋力が弱化する。

あれだけ仙腸関節の障害→鼠径部にサインとして出るという関係を勉強・研究していたのに、逆の鼠径部の障害→仙腸関節にサインとして出る、という事が思い浮かばなかったわけです。

ご参考までに仙腸関節障害についての医学的見地のサイトはこちら
http://sentyo-kansetsu.com/sentyo.html
日本仙腸関節協会では仙腸関節の障害から発する関連痛が100例中21例が股関節に出ているのが分かります。

http://www.sendai-shaho.com/forpatient/sentyou.html#contenth34
仙台社会保険病院のサイトでは股関節障害を疑われたり、消化器科や泌尿器科を受診する患者が稀ではない、ということが分かります。

さて、ジョージ・グッドハートDCのセリフ「神様はあなたにある症例を克服させるために、何度も同じ症例の患者を送り込んでくる。」

先日40歳代の女性の看護師の方が初来院されました。
「1ヵ月半前から左の腰が痛くなりだしました。ここ最近非常に痛み出したんですが、それが移動して左の下腹部が痛くなったんです。」
「左腰が痛い時、病院の整形外科でレントゲンを撮ってもらったんですが、異常なし。」
「左の下腹部が痛くなった時は、腸か何かの病気かと思って内科を受診したのですが、血液検査でもエコーでも特に問題無しで鎮痛剤を飲んでます。」

私は仙腸関節と鼠径部は関連が深いことと、障害があると思われる仙腸関節を直す方向に軽く触れると、弱化した筋力テストが強くなることを示しました。
そのときの彼女のセリフが

「なんだ!もっと早くここに来てれば良かった!」
このような経験(課題としての症例が送り込まれてくる)は今でも続いているのです。
☆第Ⅶ脳神経☆でも触れた胸鎖乳突筋―側頭骨―耳鳴りの症例も然り。
あなたいつも腰痛・肩こりでしょう!?という人がその期間(課題としての症例が送り込まれてくる)に限って、耳鳴りを訴えてきたりするのです。

神様(そういう存在があるのか分かりませんが・・・)は課題・問題をその人の前に提示してくる。
それを克服すればまた上のステージに上がれる。逃げれば下のステージのまま。
そうやって日々成長していくのかもしれません。


☆看板を背負って立つその3☆

以前 ☆看板を背負って立つその2☆ でまったく耳が聞こえなかった86歳の女性が膝痛でご来院された時の出来事を書きました。
その結びはこうでした。

以前、仲井DC(ドクターオブカイロプラクティック)のセミナーでアプライドキネシオロジーテクニックの創始者ジョージ・グッドハートDCから聞いたというセリフが思い出されます。
「神様はあなたにある症例を克服させるために、何度も同じ症例の患者を送り込んでくる。あなたはそれに立ち向かいチャレンジし技術を向上させなければいけない」
どうやら患者さんは症状と言う「課題」を持ってきて私たちを鍛えてくれているようです。

さて、私がカイロプラクティックを学び、実践しだして、かれこれ16年。
ここ鎌倉の由比ガ浜で治療院をオープンさせて10年少々。

これは気合を入れていかねば!という症例に出会う機会が減り、あぁ あのパターンで上手くいくだろうな、という時期がありました。

で、上のジョージ・グッドハートDCのセリフ。
これが本当にあるよな~と実感しきりのこの頃です。

まずは急性腰痛、ぎっくり腰。
ここアロハカイロ&フットパラダイスにぎっくり腰でご来院された方ならお分かりかと思いますが、1~2回の施術で随分改善するのです。

直立位からお辞儀をするように前かがみをすると、20~30度で腰に痛みが出て「うっ!!」 前かがみで痛みが出るパターン。
—骨盤と腰椎○番を調整すればいいな。

前かがみの状態から身体を後ろに戻してゆく時や、イスから立ち上がる時に手を使って身体を起こさないと痛みが出るパターン。
—骨盤と腰椎□番を調整すればいいな。

直立位から前かがみも、後ろに反らしても、左右にねじっても、倒しても痛い。 複数方向に動かして痛みが出るパターン。
—骨盤と腰椎△番を調整すればいいな。

9割がた過去の施術パターンを引用してやれば改善する。
金曜日に前かがみで「うっ」と痛んでいた人が、施術の翌日の土曜日には全然痛みも無く海で磯釣りをしていたそうです。
そんな改善具合を後日報告してくれる方が多いのです。
ただ、いまひとつ改善具合が良くないぎっくり腰があったのです。(今となっては過去形ですが)

それは、後ろに反らした時だけ仙骨部に痛みが出るパターン。
これは過去に数名来院されたかな。

共通しているのは、他のぎっくり腰のようにねじって、屈んだときにギクッとやった!というような明確なきっかけが無いこと。
皆さん「なんとなく痛み出した」と言っているのです。
そして、10度ほど身体を前に傾けて、お尻を後ろに引くような(へっぴり腰)姿勢でいれば、痛みも無く動き回れもするとの事。

過去に先輩やインストラクターから教わった箇所を調整しても、いまいち芳しくない。

そこで、患者さんは症状と言う「課題」を持ってきてくれているんだ、と一生懸命課題克服のためあれやこれやと調べ、研究していると不思議なことにそんな症例が立て続けに、こちらに向けてやってくるのです。

普段は首とか肩がつらいと言って来ていたのに、腰が痛いなんて言って来た事が無いのに、そんな人が入り口のドアにへっぴり腰で立っていたりする。
「これといって思い当たらないんだけど、まっすぐに立とうとすると痛いのよ。」
もう何年も何十回も来てくれてる女性が、そういうドンピシャなタイミングでやってくるのです。

「あ―股関節か!!」

うん!うん!と脳みそに汗して、解決策を探していると見落としていた箇所にひらめくものなんですね。
その瞬間に改善具合が良くない過去に数名来院された人との会話を思い出したりするのです。
「あぁ、あの時あの人は車の運転をしていていつもと車の装備が違うので・・・と言ってたな。あそこにヒントがあったんだ!」

それから、その女性の知り合いが同じ症状で困っていたと紹介で来たり、新規でご来院の人がやはり反らす動きだけが痛い腰痛で来たりと、
同じ症例が立て続けに私に向かってやってくるのです。

しばらくして、まぁこの施術パターンでいけばほぼ大丈夫だろう、という自信が持てた頃、不思議とピタッとその症例が来なくなるのです。

やはりジョージ・グッドハートDCの
「神様はあなたにある症例を克服させるために、何度も同じ症例の患者を送り込んでくる。あなたはそれに立ち向かいチャレンジし技術を向上させなければいけない」
というセリフは名言だなと感じさせられるのです。

さて、次回もこの話は続きます。


☆第Ⅶ脳神経☆

カイロプラクティックオフィスのブログなのでカイロプラクティックの話も時々しましょう(笑)

逗子在住の30歳の女性が再来院して来たのは2年ぶりのことでした。

来院の理由を聞けば、近くの(逗子かな)治療院に頭痛がひどいので行ったところ、さらに悪化したとの事。

ざっと問診で聞いた内容は以下の通りです。

頭痛は2ヵ月以上続いている。

痛むのは右の側頭部。

それから耳たぶの後ろにある筋肉の付け根も同時に痛くなり出した。

同じく右耳の耳鳴りも気になる。

 

さて、あなたが医療関係従事者であれば一箇所だけ問題のありそうな箇所はどこかと

考えるならどこを揚げるでしょうか?

カイロプラクターや手技関係者ならどうでしょう?

 

私は彼女の話を聴いた瞬間、「茎状突起」付近に問題があるだろうと予測を立てたのです。

耳たぶの後ろに三角形の様に出っ張っている骨が「乳様突起」

その前にあり耳たぶのすぐ下の骨が「下顎骨」

その間にあるのが「茎状突起」

その奥に第1頚椎の横突起があります。

 

私の検査前の見立ては、第1頚椎の右横突起が前方にズレて頭痛を引き起こし、

「乳様突起」から斜め下に伸びている胸鎖乳突筋が過緊張を起こして首に痛みを引き起こし、その過緊張が側頭骨を引き下げ右耳鳴りを起こしているのだろう、というものです。

 

案の定、触診による右胸鎖乳突筋は過緊張を引き起こし、第1頚椎の右横突起が前方にズレていました。

それを調整しすべての施術を終えた後、彼女を送り出すとき思い出したように言ったのが

「そうそう、右の耳鳴りが起きたのと同時に、右のまぶたもピクピクしてたんです。」

 

その時、私に思い浮かんだのが「顔面神経」

「顔面神経」を解剖学書からひも解いてみましょう。

――第Ⅶ脳神経 顔面神経は橋と延髄の境のところから発し、内耳神経と一緒に内耳道にはいり、内耳と中耳の骨壁の中を走ったのち 乳様突起の前で頭蓋骨の下面に出、耳介の前で扇状に顔面各部へ枝を広げる。

この神経は耳鼻科学で非常にしばしば問題になるものである。

顔面神経は顔面の表情筋を支配する運動神経である。――藤田恒夫 著 「入門人体解剖学」より

 

その模式図がこれ

Cranial_nerve_VII

 

左下の丸印から頭蓋骨の外に出て、顔面の表情筋へ神経を送っています。

丸印のすぐ後ろにある出っ張りが乳様突起です。

表情筋と神経の模式図はこれ

 

nervus_facialis

 

 

目の周りをぐるっと囲んでいるのが「眼輪筋」

顔面神経は眼輪筋に運動神経を送っているのです。

そして、この顔面神経や内耳神経が頭蓋内で腫瘍や血管の腫脹により圧迫され、問題を起こすことはよくあるのです。

 

今回の全体的な私の見立ては、右茎状突起付近の過緊張により第1頚椎のズレが頭痛を引き起こした。

同じくそのそばの右胸鎖乳突筋も過緊張を引き起こし、側頭骨を引き下げ乳様突起の前の

顔面神経出口付近に何らかの圧迫か干渉を与え、神経を過敏にした。

内耳神経も側頭骨の下方変位で頭蓋内で干渉を受けた。

と、いうものです。

 

こういうカイロプラクティック的考えがあれば、

右側頭部頭痛、右首痛、右耳鳴り、右まぶたのけいれん、は一箇所の過緊張に原因を求めます。

実際、次回来院されたとき経過を尋ねると随分改善したそうですから。

 

こういう知識、もしくは見立てをしてくれる人が身近にいないと・・・

頭痛は内科に行って、首痛は整形外科に行って、耳鳴りは耳鼻科、まぶたのけいれんは何科に行ったらいいのかしら?

という状態になるのかな?


☆ハイヒールの代償その3☆

 前々回は5cmのヒールを履いた際、マネキンの様な生き物でない場合頭部が約35cm前方へ移動するということでした。そして、前回は身体が傾いたとき動物にはマグネット反応というものがあり、傾きを元に戻してゆくメカニズムがあるということでした。

 この反応はくどいようですが無意識に働くものなのです。
ということは身体の傾きを戻すために今この筋肉が頑張ってくれているんだな~とは意識されない→ついついいつも同じ筋肉を酷使する可能性があると言えます。

 さて、前回と前々回の話から5cmのヒールのある靴を履いていると、頭を35cm後方に引き続けるための力が働くことになります。
どこで働くのでしょうか?
一番がんばって働くと思われるのが足の関節(爪先立ちのような状態)、膝の関節(軽く膝を曲げた状態)股関節(骨盤を前傾させる)等です。

 ただし、直立の姿勢から頭を(身体全体を)後ろに反らせるときの状態を思い浮かべて欲しいのですが、上半身も身体を反らせるのに関与しています。
特に腰と首は背骨のS字カーブで前に反っていますから、そのカーブは強まります。
ヒールのある靴を履いていることは常に足の関節を爪先立ちのような状態にし、腰と首のカーブを強めた姿勢を取り続けることになるのです。

 ここ鎌倉から東京へ通勤されている方もかなり多いようです。
横須賀線を使って約1時間。その間ラッシュで立ちっ放しということになると、1時間上記のような負担を身体に与え続けることになります。
往復なら2時間。週5日勤務なら合計10時間。
背骨のS字カーブが強いタイプの方なら腰に負担がかかり腰痛の原因になる可能性もあります。

 また、常に爪先立ちの姿勢を取るということはふくらはぎの筋肉を短縮させることになり、血行を悪くし足先の冷えの原因にもなるでしょう。
スタイル良く見えるメリットもあるのですがこういった身体に対するデメリットも考えられるのです。

 でも仕事の性質上どうしても履かなければいけない!という方もいると思います。
そういった方には1日の終わりに脚の裏側を伸ばすストレッチをやっていただきたいと思います。
両足を前に投げ出して座り身体を前屈させて両手で爪先をつかむ、例のアレで十分です。

 でも一番いいのはヒールは低めの靴を選ぶ事だと思います。
したがって、アロハカイロ&フットパラダイスでは特別の事情がない限りオーダーシューズではヒールを3.5cmまでとさせていただいてます。
履き心地と同時に身体全体のことを考えての判断なのです。


☆ハイヒールの代償その2☆

 さて今回は前回からの続きでマグネット反応の話です。
マグネット反応とは生理学者が頭部を切断された実験動物の足裏をある方向に圧迫し、手を離したところまるで磁石のように実験者の手に引き寄せられたところから『マグネット反応』と呼ばれるようになったのです。

 例えば足の裏の外側を指で頭の方向へ押してゆくと、その圧迫を押し戻す方向へ足が動くことでバランスを取るのです。
特に二足動物ではバランスを取るためにこの反応がより増幅される結果となるのです。

 身体が直立位(真直ぐ立つ姿勢)から左へ傾いたケースを考えます。
真直ぐ立つ姿勢で両踵のくっつく点~股間~へそ~鼻~頭頂までを結ぶ線を正中線といいます。
身体全体が左に傾くと左の股関節は正中線から外へスライドすることになります。
右の股関節正中線に向けて内へスライドすることになります。
左の足関節は正中線から外へ傾き、右の足関節は正中線から内へ傾くことになります。

 この身体の傾きは筋、関節、皮膚受容器に対する刺激となり、姿勢を戻すため(倒れないため)以下のような反応を起こします。
左の足関節は外へ倒れているのを正中線へ戻すための筋肉が働く。(左足の内反筋群の促進)
右の足関節は内へ倒れているのを正中線へ戻すための筋肉が働く。(右足の腓骨筋群の促進)
左の股関節は外へスライドしているのを正中線へ戻すための筋肉が働く。(左中殿筋と大腿筋膜張筋)
右の股関節は内へスライドしているのを正中線へ戻すための筋肉が働く。(右内転筋群)
このような筋肉群が活動し傾きを正常な位置へ戻す働きがあるのです。

 冒頭の話に戻ります。
実験動物は頭部を切除されていたことからもわかる通り、この反応は無意識に働くものなのです。
さて次回は本題のハイヒールについての話です。


☆ハイヒールの代償その1☆

 今回は女性であれば誰しも一度は履いた経験のあるハイヒールの靴の話です。
ヒールの高さ4cm以上をハイヒールとここでは定義して、さて、あなたは何歳頃からそういった靴を履きだしたでしょうか?
現在も履いているなら通算何年履いているでしょうか、そして履く頻度は週に4回?5回?
意地悪じゃないのですが、ハイヒールの靴が身体にとって悪影響の可能性があることをこれから話してゆきます。

 まずは計算しやすいようにケースモデルの前提条件を身長160cm、足のサイズ23cm、5cmのヒールの靴とします。
身長160cmの直立不動のマネキンを想像してみてください。
(ケンタッキーフライドチキンのカーネルおじさんでもいいです)

その踵の部分に5cmの棒をつっかえ棒のようにかませると、上体は前に傾きます。
当然足底は斜めの角度を持ち傾きます。
斜辺が23cm。高さが5cmの三角形で構成される角度です。
では、前傾することで頭の部分(頭頂部)がどれだけ前へ移動するかというと相似形の三角形の比例の問題であるので算数レベルは省略するとして、なんとナント約35cmも前方へ移動するのです。(これはマネキンでの話)

 では、5cmヒールを履いている世の中の女性が皆35cmも頭を突き出して立っているかというと、立っていません。(笑)
身体の中の様々なメカニズムが働いて頭を元の直立姿勢の位置まで戻しているのです。
(今回のマネキンの例では頭を35cm後方へ引いているということ)

 身体の中で働く様々なメカニズムに姿勢反射や立ち直り反射などがあるのですが、もう1つマグネット反応というものがあります。
次回はこの反応の少し詳しい話を少々。
そして結論は身体にとってあんまり良くないよ~という結びになります。
ということで以降はまた次回に。


☆つゆごし☆

 なんだかビールの「のどごし」みたいなタイトルですが、季節と体調の関係の話です。
毎年の事なのですが、この梅雨の時期は体調を崩される方が多いようです。
今年の春ははっきりと春らしい陽気というものが無く、寒暖の差が激しいうちに梅雨に入ったという感じです。
その不調の中でこの時期はギックリ腰の方が多いのです。

 このギックリ腰と異常な天候は大いに関係があると私は考えています。
通常、体内の水分や塩分の調整は腎臓がしています。
ただし、もう1つ水分、塩分調整に重要な役割をしている器官があります。
それは汗腺です。
夏日のように暑い日は大量の汗をかきます。
そうすると腎臓の水分、塩分調整は頑張って働かなくともすみます。

が、しかし、汗をかかなくなると汗腺からの水分・塩分の排泄量が減るので、腎臓は頑張って働かなくてはいけません。
こういった気候の変動が緩やかに進んでくれれば問題はないのでしょうが、日替わりで暑い日と涼しい日が来るとたまったものではありません。

 そして、カイロプラクティック的な考えとしては内臓器の疲労はそれを包んでいる膜を通して伝播すると考えられています。
伝播する先は・・・腎臓のすぐ後ろにある大腰筋。
実際ハワイの解剖実習でお腹の中の構造を見てきたのですが、腎臓と大腰筋は密接に膜を絡めあいながら、並んでいるお隣さんの関係なのです。
そして、大腰筋の主な働きはお辞儀するように身体を前屈させること。
大腰筋に負荷をかけ続け、あるとき身体を曲げようとしたら、『ギクッ!』
ギックリ腰をやった人の話でよく聞くシーンではありませんか。

 少し専門的なのですが、背骨と背骨の間には椎間板というバームクーヘンのような構造のクッションがあります。
この椎間板にとって構造上一番負担がかかる体勢が何かと言うと・・・前曲げ+ねじり。

 ギックリ腰をやった人の話でよく聞くシーンとはこれです。
庭で草むしりをしていて立ち上がる時。たんすや引き出しの奥の物を取り出そうとした時。洋式便座に座っていて下の落ちた物を拾おうとした時など等。
問診時にそのシーンをもっと詳しく聞いてゆくと、この前曲げ+ねじりの体勢がよく出てきます。

 そしてギックリ腰をやってしまった時、覚えていて欲しいのは冷やす事。
氷水でひたすら(アイシングは20分着けていたらしばらく離し、また20分着けることを繰り返す)冷やしましょう。
間違っても温めないように!
それから受話器を手に取り0467-61-2781へお電話を!(笑)

 さて、臨床の場ではこのギックリ腰が起きやすい時期があります。
それが梅雨の時期と秋口。
体内水分の調整量が急激に変わる時期に多いようです。
まもなく梅雨は明けるでしょうが、腰に不安のある方はお気をつけを!