☆Parade in 2014 Kamakura☆

今日は「鎌倉まつり」の日です。

例年、朝出勤の時に色んな法被を着た人達がうろうろしてるのを見て、『あ~、今日はパレードの日なんだ』と思い出したりします。そして、早めに昼ごはんを買って帰らないと人出が多くて大変だ、などと思ったりもします。

今日もそんな感じで、昼ごはんの買出しついでに撮った画像を載せてゆきます。

 

 

 

 

 

 

parade001

 

ここは若宮大路の下馬交差点付近。

鎌倉中の神輿と睦(担ぎ手)の人達が大勢待機しています。

 

 

parade002

 

今年度?のミス鎌倉のお披露目です。

 

 

parade003

 

鎌倉女子大付属中・高校生のマーチングバンド。

 

 

parade004

 

これもそう。

 

 

parade005

 

お囃子用の車の上はスサノヲ命だったかな?の人形が乗っている。

 

 

parade006

 

武者行列。おそらくは武蔵坊弁慶であろう人はサングラスをかけています。(外人さんだな)

 

 

parade007

 

おなりよさこいきっず達。

よさこい節で踊った後、何故か次はサンバ。

 

 

parade008

 

彼の踊りがキマってる!

 

 

parade009

 

歩道橋の上から見たパレード

 

 

parade010

 

飾り付けが綺麗です。

由比ガ浜のお祭りでもそうですが、これはティッシュで作ったものでしょう。昨日夜なべして作ったのかな。

 

 

parade012

 

消防ですね。昔の火消し役の装束です。

 

 

parade013

 

神官が神輿と太鼓を打ち鳴らし、ここから神輿行列が続くのでしょう。(このまま自宅に向けて帰っちゃたけど)

雨が降らずに、暑くもなく寒くもなく、薄曇の天候でしたが天気に恵まれたのが何より一番。

 


☆鎌倉散歩その18☆

先日の定休日の4月9日はポカポカ陽気で、風もなく自宅から見える浜辺は凪の状態だったので材木座海岸から小坪へと足を伸ばしてきました。

 

zai-kotubo001

ここは材木座海岸でも東寄りの豆腐川近くの浜辺。

波打ち際に小魚の群れが泳いでいるのか、多くの鳥が波打ち際をめがけ飛び交っています。

 

zai-kotubo002

寄ってみたところ。

寝そべっている女性たちは後ろの騒ぎに気づいていない様子。

まるでヒッチコック監督の「鳥(バード)」のよう

マンションの上に見えている建物がアジサイで有名な成就院

このまま日本で現存する最古の築港遺跡である和賀江島を越えて逗子マリーナへと向かいます。

 

zai-kotubo003

これは2012年に撮った画像。

よくアメリカで見かける車に牽引させるタイプのキャンピングカーが置いてあります。

背景の建物が逗子マリーナのマンション群。

ここはまるで海外のような街です。

 

zai-kotubo004

このいかにもアメリカで作られた宇宙船のような車は去年の秋までここマリーナのリビエラ前にあったのですが、どこかへ移動したようで。

ここから、小坪漁港へ向かいます。

 

zai-kotubo005

小坪の街は逗子マリーナと隣接しているのに、昭和の雰囲気を色濃く残したところです。

漁村からそのまま漁港の街になったような・・・

海に山が迫っている地形なので、このような階段があちこちで見かけられます。

 

zai-kotubo006

接写してみると、鳥居が先に見えます。

小坪神明宮

この街を通ると、いつも思うのが時間が止まったような静けさ。

特に夏の昼下がりがそうです。

近隣のお店は水曜定休が多いので、ここらへんで小坪トンネル(オバケトンネルではありませんが)は通らずに、材木座海岸へ。

 

zai-kotubo007

134号線沿いに最近出来た、ドーナツが美味しいと評判のカフェ「HOA CAFE」のウッドデッキ席でコーヒーとドーナツをいただきます。

 

zai-kotubo008

材木座の漁船が帰ってきました。

ここの漁師さんたちは大変で、岸壁のある漁港がないので、浜辺からロープを使って小屋に船を仕舞うのです。

 

zai-kotubo009

2時間ちょっとの散歩を終えて自宅へと帰るところ。時刻は5時です。

 

zai-kotubo010

振り返ったところ。

画面右上に見える建物が先程の逗子マリーナのマンション群です。

さて、家に帰って早めのビールを飲もう!

 

 


☆鎌倉散歩その17☆

今年は台風が多い年でした。

ここ鎌倉も台風の直撃がいつもの年より多く、木の葉は紅葉する前に潮風でチリジリになってます。

先日、北鎌倉に立ち寄ったのですが、期待をしていなかった紅葉の風景に思わず足をとどめました。

2013kitakamakura01

これは北鎌倉駅の円覚寺側改札を出てすぐのところ。

今年初めて見る紅葉です。

 

2013kitakamakura02

案内板の後ろの紅葉。

 

2013kitakamakura03

円覚寺正門前。

そういえば、北鎌倉駅は横須賀線開通時(120何年か前)に円覚寺の敷地内に駅舎とプラットホームが作られたそうです。今でも借地の上を通っているそうです。

円覚寺内を横須賀線が通っても良い条件の一つに、修行僧のために大きな音を出さないことだとか。

それをアロハカイロ&フットパラダイスにご来院の方から教えてもらってから、北鎌倉駅を通過するとき注意して聞いていると、なるほど列車出発時のBGMが心なしか静かなように思います。120何年か前の約束事がまだ履行されているのですね。

 

この日はコーヒー通の方々何人からも「美味しいよ」と奨められていた『石かわ珈琲』へ伺う事に。

明月院のさらに奥にあるお店です。店主は全国から弟子?生徒?としてその人の下に集まるカリスマ珈琲店の先生から教わっただけあって、珈琲の味は絶品!カップもミルクポッドもこだわりのある陶芸家の食器を使用されています。

私が20歳代の頃はまだこだわりの喫茶店が多くあったのですが、ドトール、スターバックスなどのチェーン化した店舗の拡大でそういったお店の数はずいぶん減少してしまいました。

ここは数が減りつつあるこだわりのお店の珈琲を飲みたいと思っている珈琲好きにはお勧めです。

あと、プリンも美味かったな。ほとんど妻が食べちゃったけど。


☆鎌倉ちょい呑みフェスティバル☆

前回のブログ記事の出だしは―最近ご来院頂いた方にお渡しする私のプロフィールの最後は「歴史小説とバーボンをこよなく愛しています」で締めくくられています。このプロフィールの通り、毎晩浴びるように酒を飲み、2~3日に1冊のペースで本を読んでいます―でした。

で、今回も毎晩浴びるように酒を飲み、という生活の一端の話になります。

そのイベントの存在を知ったのは、妻が一人で「カフェ 鎌倉美学」に夕食を食べに行った時、お店の方からこのイベントを教えてもらったそうです。

img147-2

 

我が家の優先順位の高い業務に関する物はここに置くという場所があります。(例えば健康保険の支払いや、早急に出さなければならないお手紙等)

それが電話の横。

ここに何日かこのチラシがその場所に鎮座ましますことに。私は『はは~ん。黙ってここにおき続けるということは、このイベントに行きたいということだな』と妻の気持ちを察してあげます。

そこで、11月13日鎌倉ちょい呑みフェスティバルに参加することにしました。イベントの内容は31店舗で使える券を買って、3店舗で1ドリンク+1フードずつ飲食できるというものです。

当日券を3店舗分2、500円で買って、31店舗が載ったパンフレットを見ながら、「さて、どこに行くか?」と3店舗のピックアップと回る順番を2人で考えます。

私「せっかくだから行った事のないお店も行きたいね。」

妻「VACANCES、Cafe Dining Nico Nico,鎌倉ワーズワース、カフェ鎌倉美学 cafe&bar univibe、クラウドブレイクは行ったでしょう。でも、クラウドブレイクは知り合いの子がやっているので顔出したいんだ。」

私「じゃあ、クラウドブレイクに最初に行って、鎌倉チャンプル、鎌倉デポあたりに行ってみようか。」

 

クラウドブレイクは我々仲間達が最近、納会に良く使うダーツバーです。

あいにく知り合いの子がいなく、カウンターでマスターと色々話すことに。ここのマスターが気を使ってくれたのか、『えっ!そんなにお酒を入れてくれるの!?』というほどの量の冷酒をグラスに注いでくれました。

マスター「今回のイベントは各お店が融通利かせてやってくれると思いますよ。そんな中で串揚げひら乃がお勧めですよ。串揚げ3本付くらしいですからね。」

そういうアドバイスには素直にホイホイ従う私は鎌倉チャンプルを取りやめて、串揚げひら乃に向かうことに。

2013111319230000

 

これが串揚げひら乃の1ドリンク+1フード

私は冷酒、妻は生ビールにお通しに生野菜が乗って、串揚げ3本

大満足の内容でした。(クラウドブレイクのマスターありがとう!)

 

次に向かったのが、立ち飲みバー鎌倉デポ

入店して、「これ良いですか?」と当日券を見せると、お店の人とオーナーから

「その券は800円相当ですが、うちは1品の単価が安いので、現金のほうがお得ですよ。」と言われ、日を改めて来る事に。

この店の近くだとラーメンバー袈裟丸家かCafe Dining Nico Nicoなのですが、店内を改装した後のNico Nicoは行った事がなかったので、そこにすることに。

IMG_0199-2

 

これがNico Nicoの1ドリンク+1フード ハウスワイン+牛肉の味噌煮込み落とし玉子

どのお店でも当日券を持って飲食している人達が入って来てたので、鎌倉の呑ん兵衛たちが色んな店を回遊していたようです。

お店側としてもイベント広告費をいくらかかけても、月中の火曜・水曜に(たぶん暇な時期だと思います)新規顧客を開拓できるのなら良しとして、参加しているのでしょう。なので、どのお店でも当日券800円相当以上のサービスをしてくれました。

今度串揚げひら乃の平日食べ放題17:30~19:30で2,000円だったかな。行ってみようと思ったものな。

今回のイベントに参加してみて思ったのは、文化祭のようなノリで鎌倉駅近郊の飲み屋さんをはしごできたのが大変面白かったことです。

もっと大々的に告知したら良いのに。来年もやるならまた参加しよう!


☆鎌倉散歩その16☆

久しぶりの☆鎌倉散歩その××☆ですが、ナントその前の記事は

光明寺 十夜法要 いわゆる「お十夜」に関してでした。☆鎌倉散歩その15☆

2回続けて2年ぶりの「お十夜」とはな~(ネタが無いのかな)

このブログで2年前の記事を書いたのが2011年10月17日

その1本前の記事が2011年3月24日

実に7ヵ月以上間が開いてしまったわけです。

なぜか?

震災の影響ですね。

書く気にもなれなかった、と言うことです。

それがお十夜のブログ以降ポツ、ポツと書く(自分はこう思うということを発信する)ことが出来るようになったのかな。

前置きが長くなりましたが、今年の「お十夜」の光景です。

 

2013ojyuya001

いつもお十夜に来て思うのは、子供が多いこと。

親から特別にお小遣いを貰って、友達と夜に出歩ける、というのが楽しいのかな。

 

 

2013ojyuya002

これは焼き鳥の屋台とその後ろのテーブル席。

大人たちも盛り上がります。

 

 

2013ojyuya003

鎌倉の寺院では最大の格式を誇るという山門をくぐっているところ。

 

 

2013ojyuya004

大堂という建物内の本尊で阿弥陀三尊を祀っています。

 

 

2013ojyuya005

ここは大堂脇の石庭。

夕暮れ時も味わいがあっていいかもしれません。

 

さて、今手元に十夜法要のパンフレットがあります。

それによると、この十夜法要は1495年に後土御門天皇に勅許されたそうです。

この時代は戦国時代で、打ち続く戦乱の中で庶民は生活に困窮し、世は地獄の様相を示していました。

天皇はこのことをいたく悲しまれ、一日も早い平和と安寧を望まれ、十夜法要を勅許された、とのこと。

 

なるほどそういう由緒があったんですね。

震災後、なんとなく殺伐とした雰囲気や寂寥感が覆っていたあの頃、お十夜に行ってからブログを再開してみるか! という気になったのは十夜法要の法力のおかげかもしれません。

 


☆ぼんぼり祭り2013☆

鎌倉の夏の風物詩といえるこの祭りは、鎌倉に縁のある文化人・著名人が揮毫した書画がぼんぼりとして鶴岡八幡宮境内に並びます。

立秋をはさむ3~4日間のお祭りは

6日(火)夏越祭   7日(水)立秋祭  9日(金)実朝祭

として執り行われます。

 

さて、今年の立秋祭は7日(水)の17:00開催。

我アロハカイロ&フットパラダイスは定休日のため、この行事を見に行ってきました。

2013bonbori001

舞殿では夏の無事を感謝し、実りの秋の訪れを奉告する祝詞があげられ、雅楽とともに舞妓が踊りを奉じます。この光景は昨年放送された大河ドラマ「平清盛」のようです。

 

 

2013bonbori002

さて、夜に灯されたぼんぼりを見るまでは、まだ時間があったためいったん自宅に帰る途中です。

雪ノ下の路地。

夕暮れ時に地元の人しか通らないこの道はお気に入りのひとつです。

 

 

2013bonbori003

夕食も手早く済ませ夜のぼんぼり祭りへ向かうことに。

やはり二の鳥居をくぐり、段葛を歩きながら行くのが雰囲気がありお勧めです。

 

 

2013bonbori004

太鼓橋を越えてぼんぼりと本宮が見渡せる風景です。

 

 

2013bonbori005

舞殿では日本舞踊が踊られています。

昼間の舞殿とは随分雰囲気が違います。

 

 

2013bonbori006

ちなみにこれは昼間のぼんぼり

さあここからは揮毫された文化人・著名人のぼんぼりの画像を一気に載せていきます。

 

 

2013bonbori007

山本 富士子さん

 

 

2013bonbori008

蛭子 能収さん

 

 

2013bonbori009

竹宮 恵子さん

 

 

2013bonbori010

竹中 直人さん

 

 

2013bonbori011

三木 卓さん

 

 

2013bonbori012

みの もんたさん

 

 

2013bonbori013

中村 嘉葎雄さん

 

 

2013bonbori014

養老 孟司さん

 

 

2013bonbori015

鈴木 英人さん

 

 

2013bonbori016

榎木 孝明さん

 

 

2013bonbori017

三代目 尾上 菊之丞さん

 

 

2013bonbori018

松岡 正剛さん

 

 

2013bonbori019

伊集院 静さん

 

 

2013bonbori020

朝丘 雪路さん

 

 

2013bonbori021

わたせ せいぞうさん

 

 

2013bonbori022

中井 貴一さん

 

 

2013bonbori023

鶴田 真由さん

 

 

2013bonbori024

秋吉 久美子さん

 

 

2013bonbori025

水木 一郎さん

 

 

2013bonbori026

ゴスペラーズ

 

 

ふぅ・・・・

今までのブログで一番画像を多く使ったな。

それだけ著名人の揮毫が多いという事なのですが。

 

ぼんぼり祭りお勧めですよ。

よく見に行く地元の人のまねをするならば、懐中電灯を持って見に行きましょう。


☆鎌倉花火大会2013☆

さて今回は先日行われた鎌倉の花火大会についてです。

年々打ち上げ数が減り、見物客も減った鎌倉の花火大会。

我が家では海から2列目という地の利を活かし、自宅で花火を見物できます。

2階の大きな窓からこんな感じ。

2013hanabi02

 

自宅裏にすぐ打ち上がる花火はこんな感じ。

2013hanabi03

 

これは妻が携帯で撮った画像です。

私は多少古くなってしまったデジカメで携帯の画像に負けているのが悔しくて、

今年は動画に専念しました。

自宅から見える、オープニングの打ち上げ風景の動画がこんな感じです。

 

YouTube Preview Image

 

今年の花火は時間を短縮してテンポが良かった点と、サポーター花火(1発いくらで買ってメッセージとともに紹介される)でMCの盛り上げ上手が良かったかな。

プロポーズものが一番受けてたし。

こういう風に新企画をどんどん取り入れて、また盛り返してくれたら良いのにな。